秋峰修行を行いました 其之一

9月16日から18日にかけて秋峰修行を行いました。

16日は秋峰に先立ち、立螺講習を行いました。
今年から峰中での立螺の符丁を定め、法螺の音を連絡手段として活用することにしました。
集合の螺、出立準備の螺、行列停止の螺、緊急の螺です。
古来からの通信手段です。

秋峰初日は千巻心経と十界修行です。

山王院本堂にて秋峰参加の行者全員で般若心経を千巻読誦しました。

夕食の後、十界修行です。

十界修行とは
(1)地獄
(2)餓鬼
(3)畜生
(4)阿修羅(戦いの心)
(5)人間(懺悔の心)
(6)天人(神々)
(7)聲門(説法を聞いて悟る位)
(8)縁覚(因縁を観じて一人で覚る)
(9)菩薩
(10)仏
の十種でそれぞれの心を自からの裡々に具わっていることを知り、仏の覚りに向かう修行です。

十界修行を終えたらいよいよ入峰です。バスで古峰ヶ原へ移動します。

其之二へ続く)