4月立螺講習会中止のお知らせ

4月5日(日)に予定していました立螺講習会は、現今の疫病流行を鑑み中止にいたします。


皆さま、手洗い・うがいを励行し、ウイルスに移らない/移さないようお気を付けください。


一刻も早い疫病の退散と皆さまのご健康を祈念いたします。


南無魔訶毘盧遮那如来。南無本師釈迦牟尼如来。南無十一面観自在菩薩魔訶薩。


1~3月度の立螺講習・立螺検定

1月12日、2月2日、2月29日に1月、2月、3月度の立螺講習を行いました。2月29日には立螺検定も実施しました。



初中級者は口だけに頼らずに腹式呼吸で乙音を甲音に押し上げる技術の習得のための練習に取り組みました。上級者は日光流の立螺作法の曲を、リズム感を踏まえて正確に吹くための練習に取り組みました。


立螺検定では行者1名、受講生2名が検定に合格しました。


日光修験の立螺位階は下記となっています。

4等: 乙音がしっかり15秒以上続けられる。
3等: 最高音を除く甲音が出せる。返しが出来る。日光流道中法螺①が出来る。
2等: 甲音の最高音が出せる。日光流道中法螺②が出来る。
1等: 日光流本尊法螺①②が出来る。立螺の基本を全て習得している。


次回の立螺講習は4月5日(日)に行います。 参加希望の方は寺務局まで連絡下さい。

東日本大震災の追膳法要を行いました。

3月11日東日本大震災で亡くなった方々、また関連死した方々等の九回目の御回向を行いました。本年はコロナ疫病の影響で山王院内々で行いました。

光明真言供を修し、阿弥陀経を読誦し御精霊の菩提、御冥福を祈念致しました。

本年は、国や多くの人々の業(共業 ぐうごう)を懺悔し、疫病の消滅を祈願するため、あわせて八十八佛の御名号を唱え礼拝致しました。

今年はコロナ疫病により、震災の供養が自粛されています。疫病で人々の集会が出来ないことは仕方ありませんが、震災のこと、亡くなった人達を忘れてはなりません。

日本には古くから多くの災害や疫病がありました。しかし神仏に祈願をこめて災害を乗りこえてきました。私達も、先人にならい神仏の御力を仰ぎがんばって参りましょう。

 

 

曙両所宮大祭を行いました。

3月4日旧初午に曙両所宮大祭を行いました。本日はあいにくの雨でした。



朝、熟饌供を行いました。



昼前、11時より五十味供を行いました。


本年はコロナ疫病が流行しているので、通常の祈願に併せて、早い疫病の収束をご祈願を申し上げました。


南無曙両所宮