令和3年の修正會を厳修しました

日光修験道・眺岳山験成就寺山王院の修正會では、金光明曼陀羅を本尊として、金光明経を壇上に安置し金光明経を読誦し、国家安泰、五穀豊穣などを祈願する法要を行いました。

 

金光明経は護国三部経(妙法蓮華経、仁王護国般若波羅蜜多経、金光明経)の一つで、この経の功徳により四天王並びに諸々の善神たちが国を護り人々を利益することが説かれています。古来よりこの金光明経は年の始めに読誦講説されてきました。

 

令和3年の修正會の法要では、昨年に引き続き、鎮護国家を祈る四天王合行の秘法を修し、金光明四天王護国品を読誦し天下泰平・国家安穏・新型コロナウイルス感染症の終息を祈念申し上げました。また、金光明陀羅尼と宝題を助念しました。

 

さらに令和3年の修正會では、薬師如来を本地仏とする牛頭天王の秘密供養法を修し、併せて薬師経を読誦し、疫病消滅と有縁諸人疫病不罹患を祈念いたしました。

 

修正會の法要の後、道場外に壇を設けて道場に入れなかった実類の世天や鬼神を供養し障難を消除する神供(じんく)を行い、さらに、一切の諸魔を退散せしめんがために、八方の障礙を吹き払う神螺(しんら)の秘法を修しました。

 

この法要の功徳により日本国中が平安であり、皆様の上に仏法僧三宝のお加持と護法善神のご加護がありますことをご祈念申し上げます。

 

除夜會大護摩と聖天秘法を厳修しました

全世界に新型コロナウイルス感染症が蔓延し、生活の変化を余儀なくされた令和2年12月31日、日光修験道・眺岳山験成就寺山王院において越年の大護摩修法と大聖歓喜天の秘法が厳修されました。

山王院の境内では役目を終えた古い御札やお守りのお焚きあげが行われ、炎が大晦日の夜空に高く上がりました。

 

来たる年の安寧を願い、さまざまな供物が供えられた山王院本堂では除夜會の護摩修法が始まりました。

 

身体健全、開運厄除、家内安全、商売繁盛など、皆さまの願い事が書き込まれた護摩札を清らかなお護摩の炎で加持し、願い事の成就を祈りました。

 

護摩修法では、来たる年の疫病疫癘の消滅消除と、天下泰平国土安穏、皆さまの弥栄を祈念申し上げました。

 

越年護摩に続き、日付も変わった令和3年1月1日の中夜、聖天堂(歓喜洞)で多くのお供物を上げ、初聖天供が修法されました。

この時は御簾越しに法要を拝することができます。

聖天様は山王院の護法大神で、またご信者方のご祈願を叶えてくださる尊い御守護の神様でもあります。修法の後、行者だけでなく参詣者全員が法頭から御加持を受け、新年への決意を新たにしました。

 

令和3年、皆さまに諸仏、諸菩薩、神々の御加護がありますように。

 

 

明けましておめでとうございます。

明けましておめでとうございます。

仏の太陽のような輝きが増し、常に正法の宝輪を転ぜられますように。

皆様の上に諸仏、諸菩薩、神々の御加護がありますように。

日光修験道 山王院  敬白


日光修験道では三宝を供養することに加えて神々も供養いたします。

南無日本国中大小神祇


成道会を行いました。

12月8日、山王院において成道会を執行いたしました。お釈迦様が大覚(さとり)を得られたことを記念し、祝う法要です。台密においては、成道は必ず明王の加護によるとされています。菩薩(成道前の釋尊)は菩提樹の下に吉祥草を敷きその上に結跏座し、禅定に入り、初禅から四禅に到り初夜分(午後6時〜10時)に天眼の神通を得、中夜分(午後11時〜午前2時)に過去世を識子宿明智を得、後夜分(午前2時〜6時)明けの明星の出るにいたって縁起が顕はれ生死が尽き大覚を得られました。私達は、釈迦牟尼仏を大祖とし、少しずつでも御佛の歩みを学び覚りの完成を願求していきたいものです。

仏教においてはお釈迦様の御一生を記念する法要あります。

1   灌仏会(かんぶつえ)花まつりといわれ御降誕を御祝いします。(仏性迦毘羅。仏はカピラ城に生まれ)

2   成道会(しょうどうえ)降魔成道といい内外の魔を降し覚りを得られたことを御祝いします。(成道摩訶陀。マカダ国に覚りを得られ)

3   遺教会、涅槃会(ゆいぎょうえ、ねはんえ)  仏が最後の教を説かれ、その後涅槃(単なる死ではなく、すべての苦を滅された)ことを記念する法要です。(入滅倶稀羅。クチラ(クシナガラ)に涅槃に入られた)

この他に仏の御一生には出家。初転法輪(はじめの説法)。天上に説法に行かれ地上に戻られた日。などがあります。

コロナ禍の今、仏、世尊 釈迦牟尼の御宝号を唱え静かに時を過ごしてみて下さい。

南無釈迦牟尼仏

南無釈迦牟尼仏