令和2年度山王院大祭〜その1

令和2年度の山王院大祭は、コロナ禍の影響のため野外での火生三昧(火渡り)を中止し、5月16日(土)に堂内で採灯護摩を行ないました。

堂内での採灯護摩に先立ち、山王院の護法大神である大聖歓喜天様の御本地である十一面観音護摩供を修し、疫病退散と皆様の所願成就を御祈願申し上げました。

十一面観音様が頂上に頂く仏面は、疫病を除くお働きがあります。

十一面観音様の誓願を頼み、新型コロナ感染症の終焉と特効薬の速現を願い修しましたお護摩の火は、例年の穏やかさとは打って変わって、厳しく力強いものでした。

加えてこの護摩行により日本国中の全ての神祇の威光が倍増し、速やかに新型コロナウイルス感染症の終焉がもたされるように祈念いたしました。

端午の節句

                                                                                       本日は端午の節句です。鐘馗様の軸を掛け、菖蒲の花を飾りました。鍾馗さまの讃に曰く              

「拳頭邪鬼を撃つ 電眼坤乾を照らす 一幅此の神像 千万年魔を降す」邪気癘気を祓い給わんことを。

 

却瘟道場(疫病鎮静祈祷道場)を開いています

                     

 

銀座の山王両所院において疫病鎮静のため却瘟道場を開き、御祈祷をしています。(外出自粛に付き参拝は御遠慮下さい。)全国大変な時です。各自出来ることをして行動を自粛して仏法僧の三宝、日光三所権現様、不動明王様を念じ日々お過ごし下さい。            

 

                  

灌仏会(花まつり)を行いました

                                                
 
4月8日、お釈迦さまの降誕のお祝いの法要を行いました。本年はコロナ疫病流行のため、山王院内々で執行致しました。

生花の散華をし、甘茶を洒ぎコロナ疫病を浄め給わんことを祈念致しました。

古くは社頭(神前)においても灌仏が行われた記録があります。諸菩薩、天龍八部衆等のみならず、日本の大小神祇(神々)も勧請(お迎え)して釈迦牟尼仏の降誕を祝い、人の世に慈しみの心を起こし給わんことをあわせて祈願致しました。

灌仏の後、八十八仏懺悔の礼拝をし共業(すべての人々の共に造る業)を懺悔しました。

今は疫病流行の時です。皆様、心をしずめ日々自他の業を懺悔し、帰依仏、帰依法、帰依僧と三宝を念じ仏天(諸仏と神々)の加護を念じましょう。