除夜会・修正会のお知らせ

下記にて除夜会の年越し護摩祈祷、修正会の新春御祈祷を行います。

 

除夜会
平成30年12月31日23:30~

 

修正会
平成31年1月1日13:00~

 

 

除夜会では大晦日から修法を始め、元旦まで二年に渡って越年護摩を焚くことで福徳倍増の功徳を得られます。

 

修正会では金光明曼荼羅を掲げ鎮護国家、天下泰平、国土安穏、万民豊楽等を祈願して皆さまの一年の幸せを願う法要を行います。

 

除夜会・修正会ともどなたでも参列いただけます。どうぞお詣りの上、一年の幸せをお祈りください。

柱源会を厳修しました

11月18日(日)に柱源会を厳修しました。

 

柱源法といわれる教えは修験道究極の奥義であり、修験者たちの間で師から弟子へ密かに口伝として伝えられ、往古にはその名さえも秘されたと伝えられています。

 

 

これは開祖役行者が箕面の龍堀で龍樹菩薩より霊異相承を受けた教えです。

 

 

火を焚くため密教の護摩と同じように見えますが、柱源採燈供養法では特有の壇具を用います。柱源法は生命(有情)と非生命(非情)の本源に対する教えを行ずる法です。従って密教の護摩とは異なるものです。

 

 

この教えは究竟してあらゆる分別を離れ心の根源を垣間見、覚悟するものです。

柱源会の準備をしました

本日は行者が集まって山王院の大掃除と柱源会の準備をしました。

明日18日(日)11時より柱源採燈供養法を行います。

どなたでも参列いただけますので、希望の方は11時までに山王院へお集まりください。

 

日光国立公園マウンテンランニング大会に出仕しました

11月11日(日)に行われた第3回日光国立公園マウンテンランニング大会(http://www.nikkorun.com/) に、一昨年、昨年に引き続いて日光修験から行者3名が出仕し、開会式で安全祈願のご祈祷と各補給所での激励の立螺を行いました。

 

 

これは会場となる日光の山々の神仏に礼を尽くしたいという主催者の希望によるもので、法螺師による本尊法螺の吹奏~導師による九字大事~法頭の手になる表白の朗読~ご法楽と続き、一斉スタートの直後には各走者の道中安全の願いを込めて道中法螺が吹奏され、その後も各補給所を巡回した法螺師2名による激励の法螺が、紅葉の真っ盛りの日光の山々に響きわたりました。

 

走者の方々の何人かからは、「遠くから聞こえる法螺貝の音で元気づけられました」という有難い感謝のお言葉もあり、法螺師冥利に尽きる出仕となりました。(光雲坊)