3月の立螺講習会・立螺検定・恒例会を行いました

3月17日(日)に立螺講習会・立螺検定・恒例会を行いました。立螺講習では午後に立螺検定を控えた受講生の検定準備と個人練習を行いました。


午後の検定では受検生が見事3級に合格し、法頭から認定証を授与されました。



検定後は山王両所院に場所を移し、恒例会を行いました。



読経の後、月輪觀を行いました。法頭からの法話のテーマは六大・四曼(四種曼荼羅)・三密についてでした。


六大とは地水火風空の物質的ありようと識の精神的ありようです。四種曼荼羅とは大曼荼羅(だいまんだら)、法曼荼羅(ほうまんだら)、三摩昧耶曼荼羅(さまやまんだら)、羯磨曼荼羅(かつままんだら)の四種類です。三密とは心密・口密・意密です。


次回の立螺講習会・恒例会は4月14日(日)です。