秋峰修行を行いました 其之三

其之二から続き)

秋峰修行3日目は日光山内をお練り法楽(おねりほうらく)します。
これは日光の諸堂を巡拝して山内の神仏を礼拝するものです。
3日目も快晴となりました。

郷土センターを出発後、行列は日光市内を進み神橋(しんきょう)を渡って山内へ入ります。
神橋を渡り切りできるのは、江戸期は勅使と将軍、入峰の山伏だけでした。

日光山内の寺社で御法楽します。

輪王寺門跡御本坊に入峰祈祷札を納めました

輪王寺紫雲閣にて昼食の後、山王院へ戻り出成り(でなり)です。
修験懺法を読誦して御本尊様へ無事の満行を報告した後、Aコース参加者には入峰証、Bコース参加者には火渡証がそれぞれ授与されます。

日光三所大権現、峰中本尊金剛童子、開山勝道上人、開祖役行者はじめ諸尊の御加護と御導きの下、無事の満行となりました。