令和2年度山王院大祭〜壇採灯護摩

※令和2年度の山王院大祭は、コロナ禍の影響のため5月17日(日)に予定していた山王院境内での火生三昧(火渡り)を中止し、5月16日(土)に本堂で十一面観音護摩供と採灯護摩を厳修いたしました。

 

先の疫病退散祈願の大聖歓喜天御本地十一面観音護摩供に引き続き、本堂での採灯護摩(壇採灯)の秘法を厳修しました。

 

野外での採灯護摩と同様に壇木を桧葉で覆い、採灯護摩壇を建立しました。

 

護摩壇に点火すると、白煙が真っ直ぐに立ち上りました。

 

白煙の中に、龍が天に昇るような護摩の炎があらわれました。

 

 

大導師はさまざまな秘密加持を行い、祈願の成就を諸仏に祈念します。

 

修験の採灯は、自らの心の本源の境界に帰入し、その境界が顕現するさまを表します。

 

その後、皆さまからお申し込みいただいた祈願札を護摩の炎で浄め、祈願成就を祈ります。

 

清浄な護摩の炎で御札を加持し、皆さまの諸の願いが叶いますよう祈祷しました。

 

新型コロナウイルス感染症の早期止息を祈り、除滅苦悩の神咒を誦し皆さまの健康と諸願成就を遠隔御祈祷いたしました。