令和2年度山王院大祭〜大聖歓喜天法要

※令和2年度の山王院大祭は、コロナ禍の影響のため5月17日(日)に予定していた山王院境内での火生三昧(火渡り)を中止し、5月16日(土)に本堂で十一面観音護摩供と採灯護摩を厳修し、5月17日(日)に大聖歓喜天秘密法要を行いました。

聖天堂前の小手毬が咲き誇り、初夏を思わせる陽射しの5月17日(日)に、山王院の御守護大神である大聖歓喜天尊の法要を行いました。

聖天堂の扉が大きく開け放たれ、大聖歓喜天尊に特別なお供物を献じました。

法要では日頃の御加護への感謝と、信者の皆様の願い事が叶います事、そして世界中に蔓延している新型コロナウイルス感染症が早期終息することを祈念いたしました。

聖天堂は普段は閉ざされていて、聖天行者以外は立ち入ることができませんが、唯一、山王院大祭の時には御簾も上げられ、聖天様をお祀りする内陣を直接に参拝することができます。

来年は是非、皆さまこぞって山王院大祭にご参加くださり、柴燈大護摩と大聖歓喜天秘密法要の功徳をお受け取りになれますよう。